ホームシロアリによる被害シロアリ発見の手がかりシステムの流れ当社のシロアリ対策シロアリ駆除 ご相談・見積依頼シロアリ駆除 Q&A

当社のシロアリ対策

 

丹念に作り上げた備長竹炭の強力パワー

心地よく健康的な住まい作りに。
家の資産価値を永く維持するために。
"備長竹炭"は確かな眼をもった、生活の質にこだわる人を応援します。

現代の住環境は…

  • 最近の家屋の床下はコンクリートの基礎に囲まれていて、換気口はあるものの十分な換気が行われていないため特に湿度が高く、慢性的な木材腐朽菌とカビの温床であるといっても過言ではありません。また高温多湿の床下は白蟻が特に好む環境であり、白蟻による加害の可能性もきわめて高いといえます。

  • 現代の住宅は合板などの新建材が多用され、接着剤から放散されるホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)による健康被害(シックハウス症候群)が問題となっています。

床下の湿気対策・有害物質対策には 備長竹炭 の設置がお奨めです!


 

 

 

 


 

備長竹炭ってなに?

備長竹炭とは、"備長窯焼"という特別な製法で焼き上げた竹炭です。
三井化学アグロの備長竹炭は、炭発祥の地であり伝統的な製炭技術を有する中国にて、備長窯焼で焼き上げた高品質竹炭です。

備長竹炭の製造過程


  1. 材料は竹炭にするのに最も適した、標高500m以上の高地で生育した5~7年物の孟宗竹を使っています。

  2. 土窯の中で最も高温になる"備長窯"で、800℃~1200℃の高温で焼き上げます。炭は高温になるほど炭素率が上がり、耐久性に優れた高品質の炭になります。(炭を焼く作業を炭化と言います。)

  3. .炭化が終われば、窯の蓋を締め切り、数日間かけて冷ましていきます。冷却後、床下調湿剤に適当な大きさに砕けば、いよいよ約1ヶ月かけてじっくりと作り上げた、備長竹炭の完成です。

備長竹炭と一般的な竹炭の違い



備長竹炭 一般的な竹炭
炭化窯 備長窯 土窯
炭化温度 800~1200℃ 400~800℃
特徴 炭素率が高く、硬質でたたくと乾いた金属音がする 柔らかくぱさついていて、たたくと鈍い音がする


 


 

 

 

 


備長竹炭を床下に敷くとどうなるの?

強力な調湿作用が床下の湿気をコントロール!


備長竹炭には表面に無数の孔があり、その表面積は炭1g当たり700平方メートル(200坪以上)に達するといわれています。この無数の孔が余分な水分を吸着し、乾燥時には穏やかに放出し、床下の湿度を一年中快適に保ちます。
湿度を低くコントロールすることにより、カビやダニなどの発生を抑え、ハウスダストによるアレルギーなどの健康被害の軽減が期待できます。

床下の有害物質を確実にキャッチ!


シックハウス症候群の原因といわれているホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)や、アンモニアなどの嫌な臭いの原因物質を吸着し、快適な健康住宅造りのお手伝いをします。

長期間効果が持続!


高温で焼き上げた備長竹炭は炭素率が高く、通電効果がある金属質の炭で、物性が変化せず劣化しにくいため、長期的に効果が持続します。

 


 

 

 

 


 

備長竹炭の調湿作用メカニズム


備長竹炭が余分な湿気を吸い取り、床下を乾燥した状態にキープ。
備長竹炭は湿度が高い時に吸い込んだ水分を徐々にはきだし、元の乾燥した状態に回復。

 

住宅の「省エネをサポート」するニューパワー / 表側袋をアルミ遮熱性透湿シートに変更しました!!

アルミ遮熱性透湿シートとは…


蒸発させたアルミニウムを不織布表面に蒸着させ、薄膜を形成した不織布のことです。



アルミ遮熱性透湿シートの赤外線反射のメカニズム


アルミ遮熱性透湿シートは、アルミコーティングにより、50%以上の赤外線(熱エネルギー)を反射させます。

 


コンクリート面とアルミ遮熱性透湿シート面の赤外線反射メカニズム


コンクリートは赤外線反射率が0.1と低いため吸熱し、床下の温度は低下します。アルミ遮熱性透湿シートは赤外線反射率が0.5以上なので、あらゆる方向に赤外線を反射させ、温度を上昇させます。従って、相対温度は低下及び木材含水率の低下が期待できます。



床下モデル実験の結果「ニューパワー備長竹炭」を設置した床下では、設置しない床下よりも、床下天井木部と床下の空間の温度が約1.5℃高くなりました。


この結果は、住宅の省エネをサポートする効果が期待できます。

備長竹炭は1坪(3.3㎡)当たり12袋(30.6kg)を目安に設置します

イメージ図

 


最寄りのシロアリ駆除サービスセンター

本社

〒811-1314
福岡県福岡市南区的場1-13-6
TEL 092-584-0700
FAX 092-584-0753

 

筑豊サービスセンター

〒820-0067
福岡県飯塚市川津542-2
TEL 0948-22-0445
FAX 0948-22-8045

 

福岡サービスセンター

〒811-1314
福岡県福岡市南区的場1-13-6
TEL 092-584-1605
FAX 092-584-0303

 

北九州中央サービスセンター

〒807-0806
福岡県北九州市八幡西区御開1-13-31
TE L 093-693-1812
FAX 093-693-1820

 

鳥栖中央サービスセンター

〒841-0061
佐賀県鳥栖市轟木町1103-4
TEL 0942-84-9800
FAX 0942-84-9822

 

西東京サービスセンター

〒194-0212 
東京都町田市小山町36-5
TEL 042-798-4505
FAX 042-798-4540

千葉中央サービスセンター

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森1丁目22-5
TEL 043-290-0601
FAX 043-290-0618

 

北総中央サービスセンター

〒277-0871
千葉県柏市若柴325-1
TEL 04-7137-0337
FAX 04-7137-0951

 

長崎サービスセンター

〒854-0065
長崎県諫早市津久葉町99-16
TEL 0957-26-1988
FAX 0957-26-8948

 

佐世保サービスセンター

〒859-3223
長崎県佐世保市広田2丁目210番地30
TEL 0956-39-9877
FAX 0956-39-9870

 

大分サービスセンター

〒870-0887
大分県大分市二又町7組-D
TEL 097-573-6100
FAX 097-573-6123

 

熊本サービスセンター

〒861-8003
熊本県熊本市北区楠8-1-25
TEL 096-337-7011
FAX 096-337-7044

宮崎サービスセンター

〒880-0924
宮崎県宮崎市大字郡司分丙9857-19
TEL 0985-63-0630
FAX 0985-50-6505

 

鹿児島サービスセンター

〒899-4351
鹿児島県霧島市国分新町1553-1
TEL 0995-47-1000
FAX 0995-47-0998

 

滋賀サービスセンター

〒523-0034
滋賀県近江八幡市若宮町663番地1
TEL 0748-38-8164
FAX 0748-38-8165

 

茨城中央サービスセンター

〒310-0841
茨城県水戸市酒門町4277-3
TEL 029-240-0039
FAX 029-240-0010

 

阪神サービスセンター

〒663-8132
兵庫県西宮市東鳴尾町2丁目17-7
TEL 0798-44-3312
FAX 0798-44-3322

 

アメニティ事業部

〒811-1314
福岡県福岡市南区的場1-13-6
TEL 092-583-8121
FAX 092-583-8120


logo シロアリ駆除と予防は長年の実績と信頼の三共アメニテクス株式会社にお任せ下さい。

シロアリTopシロアリによる被害発見の手がかりシステムの流れ当社のシロアリ対策ご相談・見積り依頼サービスセンター会社概要シロアリQ&A

Copyright (C) Amenitex All Right Reserved.